全国47都道府県旅行サイトをお探しなら「ヤフートラベル」が簡単便利♪

ヤフートラベルでしたら、あなたのニーズにしたがっていっぱいのお調べ方法が準備されています。
日本全国での宿泊機関をサーチしたい時は、お出かけ先や何泊すべきかなどからチェックすることが可能となります。
行こうと思う場所は概ね決定されているけれど、細かい場所までは確定していない時はエリア検索を活用するのがおすすめです。
旅行先や泊まりたい宿泊機関が確定しているのならば、キーワード検索を活用して的を絞って捜しだすことも可能となります。
ヤフートラベルで検索する♪



旅行 サイト
旅行 サイト


旅行 サイト
旅行 サイト


ヤフートラベルで宿泊先を検索をする方法とは?

ヤフートラベルで、ホテルを調べたい時はどうすれば良いのでしょう。
調べる方法や、おトクな情報などを検索してみました。

ヤフートラベルには色々な検索方法がある。


ヤフートラベルでは、顧客のニーズに合わせて様々な検索方法が用意されています。
国内での宿泊施設を検索したい時は、旅行先や何泊するかなどから検索することが可能です。
行きたい場所は大体決まっているけれど、詳細な場所までは決まっていない時はエリア検索を使うのが良いです。
旅行先や泊まりたい宿泊施設が決まっているのならば、キーワード検索を利用してピンポイントで探すことも可能です。
行きたい場所は決まってないけれど、とりあえず旅行に出かけたいと考えているという人は特集から決めてみるのもありかもしれません。
特集には、季節に合った宿のおトクな情報や人気のある場所などが載っています。
期間限定で安く泊まれる宿泊施設や、露天風呂付きの宿泊施設なども簡単に調べることができます。
予約時にクーポンが発行される宿泊施設もあり、お得感が欲しいという人にはオススメです。
ここまで書いた通り、ヤフートラベルには様々な人が様々な目的で調べやすいように工夫がなされています。

航空券やレンタカーもヤフートラベルでは安く手配することが出来る


国内旅行に飛行機で出かけようと思っているならば、是非航空券と宿泊がセットになっているプランを選びましょう。
ヤフーは大手の航空会社と提携しているので、通常より安い価格で航空券を手に入れることが可能です。
企業ごとに検索枠が別れているので、詳細な条件を指定して検索することができます。
海外旅行に行くのであれば航空券のみを安い価格で買うことが可能なので、使用するのをオススメします。
旅行先でレンタカーに乗りたい方にも、ヤフートラベルはとても便利です。
全国にある大手レンタカー会社とヤフーは提携しているので、空港に到着したらすぐにレンタカーに乗り換えることができます。
一部の企業では、ヤフートラベル限定でお得なプランを出している企業もあります。
地域ごとでオススメのドライブコースやドライブスポットなどが載っているので、それを参考にするのも良いでしょう。

まとめ

ヤフートラベルでは、ヤフーでしか出来ないおトクな宿泊プランがたくさんあります。
宿泊施設以外のサポートもしっかりしているので、ヤフートラベルで予約をすれば心配なく旅を楽しむことができます。
レンタカーや飛行機を使用して宿泊施設に泊まる場合は、利用することをオススメします。


ヤフートラベルで予約した時、宿泊代支払いはどこでするの?

ヤフートラベルでは支払い方法が2つ存在します。
現地払いと、オンライン決済の2つです。
この2つの支払方法の手順を、詳しく書いていきましょう。

現地払いは宿泊時に支払う


現地払いを選択した場合位は、予約時には手続きをするだけで支払いは後から発生します。
当日、実際に泊まる施設に受付をした時に支払うシステムが現地払いになります。
るるぶトラベルプランを選択すると、予約をする時にクーポンを使用することが可能です。
現地で支払う場合はクレジットカードが使える場所もあるのですが、カードの種類は違うので気をつけて下さい。
施設の詳細な情報やアクセスの項目に使用可能なカード会社が記載されているので、それをしっかり見るようにしてください。
たまにヤフートラベルと提携しているプランの中に、電子マネーやデビットカードでの支払いが可能なものもあります。
宿泊プラン支払い方法をクリックし、詳細、アクセス欄を確認してください。
その部分にデビットカードや電子マネーが表示されていれば、にデビットカードや電子マネーの方法で現地払いが可能です。

事前に支払いを済ませられるオンライン決済


支払いを事前に済ませたいのなら、オンライン決済が便利でしょう。
クレジットカードやTポイントカードを使用して予約をする時に、オンラインで簡単に支払いを済ませられます。
Tポイントカードは、あらかじめ定められたポイントまでは自由に使用することが出来ます。
ポイントを使用する際使いたい額のポイントを自分で決めることが出来るので、端数だけをポイントで支払うという方法を取ることも出来ます。
ですが、予約時にクレジットカードで支払いできるのは宿泊料金、サービス料やそこに掛かってくる消費税になります。
サービスを追加で受けた場合や、別料金の温泉に入浴した場合などは現地で支払いをする必要があります。
また、東京では全ての宿泊施設で東京宿泊税という物を導入しています。
宿泊先が東京都ならば、東京宿泊税を現地で支払わなければいけないということを覚えておきましょう。
オンライン決済で使用するクレジットカードは、予約をした後では変更することができません。
現地払いと同じように使える銘柄も施設によって変わってくるので、事前に確認するようにしましょう。

まとめ


宿泊の日程が絶対に変更にならず、キャンセルの可能性が全くなければオンライン決済をオススメします。
逆に日程があやふやでキャンセルする事がある場合は、現地払いを選択するようにしましょう。
ご自身のスケジュールをしっかりと確認後、うまく2つの支払い方法を選択しましょう。